地縄張り

大阪豊中市 M邸 木造3階建て(建て替え)

解体工事も無事完了し、プランも固まってきたので

地縄張りを行いました。

地縄張りとは実際の敷地に縄で建物の形を描いて、

隣地との空きや、大体の大きさを感じてもらう

大事な工程の一つです。

 

お施主さんに確認していただいたところ、

「1階はもうちょっと大きくなりませんか?」

とのこと・・・

内心「ええ~、今から~、構造計算もさせてる最中やのに~」

しかし、顔には出せません^^;

敷地が確定していなかったので、建ぺい率はちょっと余裕を持っています。

「再度、検討し直します!!!」

私どもにできることは、できるだけやってみる!

面倒臭がらない!

一生に一度の大きな買い物、できるだけ、願いを叶えてあげる!

任せてください!再度検討しま~す!

地縄張り IMG_5247-1 IMG_5249-1地縄張り

 

 

松原光二(1級建築士)

松原光二人・家・街・地域
一体として考えて家を創ることが、家の価値を上げるものと信じています。

  • 1級建築士(大臣265879)
  • CASBEE建築評価員(01222-10)
  • 同戸建て(戸00056-11)
  • 応急危険度判定士(07-阪-1261)
  • 適合証明技術者(22270093)
  • 増改築相談員(221182)
  • 住環境測定士補(20050302300)

詳しいプロフィール