木造在工法【金物工法】

在来金物工法

先に説明した「プレカット工法」の欠点を補い、進化させたのが

  「金物工法」です。

在来の仕口や継ぎ手に関しては、その木工技術は世界にまたとない技術です。

ですから木を選別し、その使い方を熟知しておればこれほど優秀な技術は

ないと思います。

しかし近代化の波にのまれその技術の伝承はままなりません。

 

やはりプレカット工法にしても断面の欠損という意味では

少しばかり補わなければならない点があります

在来工法 金物 在来工法 金物欠損

上記のように 金物を取り付ける際にどうしても欠損ができてしまいます。

 

この木材の断面欠損を極力まで減らし、組み立てを簡素化して確実な接合部としたのが

「金物工法」です

在来工法 金物工法 

特殊な金物とドリフトピンと言われる金物で取り付けるために、欠損が少ない。

松原光二(1級建築士)

松原光二人・家・街・地域
一体として考えて家を創ることが、家の価値を上げるものと信じています。

  • 1級建築士(大臣265879)
  • CASBEE建築評価員(01222-10)
  • 同戸建て(戸00056-11)
  • 応急危険度判定士(07-阪-1261)
  • 適合証明技術者(22270093)
  • 増改築相談員(221182)
  • 住環境測定士補(20050302300)

詳しいプロフィール

家の工法