木造在来工法【プレカット工法】

在来プレカット工法とは

 

在来工法とは日本の伝統工法を町屋に転用した工法で

日本の家屋のほとんどがこの工法です。(軸組み工法ともいいます)

 

土台・柱・梁・小屋組み(軸組み)からなり

火打ち・筋じかい等の斜材で外力(地震や台風)に抵抗する工法です。

 

柱や梁などの接合部分には仕口や継ぎ手といった木工技術により

複雑かつ合理的に接合しているのです。

 

この仕口や継ぎ手は従来、大工が一つ一つ手作業で加工していたのですが

現在ではその煩雑さを嫌い技術の伝承がなかなか進んでいないのが現状です。

 

この部分に機械を使用して加工するのが「プレカット」といいます。

在来プレカット工法   木造在来工法 土台 

 

松原光二(1級建築士)

松原光二人・家・街・地域
一体として考えて家を創ることが、家の価値を上げるものと信じています。

  • 1級建築士(大臣265879)
  • CASBEE建築評価員(01222-10)
  • 同戸建て(戸00056-11)
  • 応急危険度判定士(07-阪-1261)
  • 適合証明技術者(22270093)
  • 増改築相談員(221182)
  • 住環境測定士補(20050302300)

詳しいプロフィール

家の工法