新しいスタイルで家を建てる。

ハウスメーカーもない工務店でもない
新しいスタイルで家を建てる。

家を建てようと思ってまずはじめに思い立つのが
ハウスメーカーの展示場。
ここを訪問して実際に家を建てるイメージが出来上がる方が多い。

ではなぜ100%ハウスメーカーに依頼しないのか。

第一は価格。
やはり同じ家を建てたとしてもハウスメーカーは2~3割高いと思います。
これを正当化するために オリジナル商品という名で価格をわかりに仕組みにしています。

そしてその仕組みのため自社の製品にしか知識がないことが多く
応用が利かないということも結構あるように思います。

もちろん大手企業としての安心感は間違いなくあるので
ハウスメーカーを選択することは意味があることだと思います。

続いて、工務店。
工務店といってもピンからキリ
これがみなさんの頭を悩ますところになっているんではないでしょうか。
大手工務店もあれば個人工務店も
最近では塗装屋さんや水道屋さんといった
専門業者が工務店となっている場合などもあります。

これを選別するにはかなりの目利きが必要です。
自分にあった工務店を自分で選択することはそれなりの時間と付き合いのなかで
構築されていくように思います。

ですからもともとの付き合いがあった場合や
紹介していただいた場合をのぞき
慎重に選択する必要があると思います。

建築家でも同じことが言えると思います。
建築家の場合はよく敷居が高いと言われます。
(私もその一人ですが(笑)
確かにそうかもしれません。

自分の考え方を押し付ける方も中にはいてるので
そのように思うのかもしれません。

その建築家がどのような人なのかによって
余計な予算が出て行くこともあると思います。

ではどのようにすればよいのか。

信頼できて低予算で倒産等のリスクをなるべく回避する、
新しい方法で確立していきたいと思います。

信頼に関してはハウスメーカーであれ、工務店であれ、建築家であれ
その人(会社)との関係で成り立つものなので
色々な人と合うのが一番でしょう。

その中で この人とならやっていけそうな方を探すことが重要です。
その際にわからないこと、直接聞けないようなことがあれば
いつでもご相談に乗ります。これは建築家(や)としての使命だと思っています(笑)

今、私達がやろうとしているのは
ハウスメーカーもない工務店でもない
新しいスタイルで家を創る
ということ。

実際にどのようにしていくのか

まず第一に私建築家(や)の松原光二が100%皆様の家創りをお手伝いさせていただきます。

ハウスメーカーなど大手企業はその業務が細分化され それぞれ担当が決まっています。
はじめにお会いする営業職→設計→施工この様に担当者が3名いるのが普通です。
そしてそれぞれが、自分の担当する業務が終了すると次の担当者へと引き継いでいきます。
ここで よく問題が起きるのです(元ハウスメーカ社員談←私)

技術的にも経験25年の一級建築士である私が責任をもって指導しますので安心してください。

そして 一番大事なコスト
これは 私が25年の経験の中で培ってきた専門業者さんの協力を得て
大手企業や工務店に負けないコストで作っていきます。リンク

ゆえに このシステムで、私が手がける物件には数の限度があります。
同時進行で5件が最大です。

これは5件同時に建てるのではなく、設計の打合せのお家から完成間近のお家まで合わせてです。
そして地域的にも限界があります。どうかこの点だけはご了承ください。

もちろん 通常業務の設計や監理、ご相談などはいつでもお問い合わせください。

この様にみなさんの家を創ることへの不安を少しでも解消するための
最善の方法を取らしていただきます。

松原光二(1級建築士)

松原光二人・家・街・地域
一体として考えて家を創ることが、家の価値を上げるものと信じています。

  • 1級建築士(大臣265879)
  • CASBEE建築評価員(01222-10)
  • 同戸建て(戸00056-11)
  • 応急危険度判定士(07-阪-1261)
  • 適合証明技術者(22270093)
  • 増改築相談員(221182)
  • 住環境測定士補(20050302300)

詳しいプロフィール

設計型工務店とは